えごま油はうつや認知症に効能が!栄養素と摂取量や摂り過ぎの副作用は?




少し前までは油というと太るなどのマイナス
イメージが強く、できるだけ摂らない方が
体にいいと信じられてきました。

しかし、最近では体にいい良質な油が
注目を集めるようになっており、
テレビの健康番組や雑誌などで
紹介されるようになりましたね。

今回は、えごま油について取り上げます。

うつ病や認知症に効果があるという話は本当か、
含まれている栄養素や1日の目安となる摂取量、
考えられる副作用についてお伝えします。

えごま油のうつや認知症への効能・栄養素

egomaabura

えごま油に含まれる注目の栄養素が、
αリノレン酸というオメガ3脂肪酸の成分です。

青魚などに含まれていて体にいいと評判の
DHAやEPAに、人間の体に入ってから変わります。

このαリノレン酸の働きにより、
うつ病・認知症・がん・血栓・老化などの予防
に効果を発揮します。

これらの効能から、えごま油はある程度の年齢に
達した世代になるまで必要ないと
思われるかもしれません。

しかし、えごま油はダイエット効果もありますので、
世代に関係なく幅広い方にとってうれしい油ですよ。

1日の目安摂取量・摂り過ぎで考えられる副作用

えごま油の1日に摂るといいと推奨されている
摂取量の目安はどのくらいでしょう。

成人女性は2.3g以上、
成人男性は2.6g以上です。

これは、だいたい小さじ1/2杯ほどにあたります。

推奨されているこの摂取量を上回ってしまったら、
副作用の心配があるのでしょうか。

えごま油を摂り過ぎても、
副作用の心配はないとのことです。

しかし、いくら健康にしてくれる油だといっても
えごま油は油にかわりありません。

度を超えて過剰摂取すれば、
気持ち悪くなることも考えられます。

吐き気や下痢を引き起こしたという
方もいるそうですから、
ほどほどな量にとどめてくださいね。

熱に弱いという性質を持っていることから、
加熱調理しないで食べるよう
心がけてみてください。

サラダのドレッシングに使用するというのは定番ですが、
意外なところで冷ややっこや納豆など、
大豆製品との相性がいいように感じています。

さいごに

えごま油がテレビ番組で紹介された翌日は、
スーパーに行っても完売状態になっています。

生産が追いつかないようで、
すぐに補充されるわけではなく
しばらく品切れ状態が続いているほどの人気です。

えごま油は酸化に弱いので、
開封をしたらできるだけ空気に触れないように
しっかりフタをして冷蔵庫で保管するのが理想的です。

大きな容器のものを買うより
小さなものを購入し、
なくなったら次の新しいえごま油を買うようにすると
いいとのことでした。

いつも新鮮な状態のえごま油を、
食べ続けられるようにしたいですね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

えごま油はうつや認知症に効能が!栄養素と摂取量や摂り過ぎの副作用は? はコメントを受け付けていません。 食材・食品の効能