はちみつレモンはスポーツ時に効果抜群!日持ちや保存期間は?




はちみつレモンが今、アスリートなど
多くの方たちから注目されています。

最近はブログやTwitter で著名人本人が
自分の日常生活を発信するツールが増えましたが、
その中ではちみつとレモンの組み合わせを目にすることもあります。

例えば、メジャーリーガーとして海外で活躍中の
ダルビッシュ有投手もその一人です。

体調管理や風邪予防にいいのではという理由から、
レモンのはちみつ漬けを作って食べていると
自身のブログで伝えています。

アスリートは健康管理の仕事のうちですから、
取り入れているものは真似をする価値がありそうです。

現役アスリートも食べているはちみつレモンの効果、
日持ちや保存期間についてご紹介します。

はちみつレモンは約6カ月も保存可能?

supo-tsu

はちみつレモンがアスリートにもいい理由は、
レモンにたっぷりとクエン酸が含まれ、
はちみつにはアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが
入っているからです。

疲労回復に高い効果を発揮するともいわれているんですよ。

はちみつレモンを手作りしたら
冷蔵庫で保存できます。

作り過ぎてしまっても、冷蔵庫に入れれば
日持ちしますので、ストックしておきたい一品です。

保存期間は、なんと冷蔵庫で約6カ月と長めです。

はちみつには殺菌作用があり、
しかも強力なために日持ちがするんですね。

スポーツの秋にはちみつレモンを手作りしたら、
冬から春にかけての寒い時期にも保存しておくと、
体を芯から温めてくれるのでおすすめです。

はちみつレモンを作るときのコツ

手作りしたはちみつレモンをよりおいしくいただくには、
2~3日はそのまま浸けておくといいですよ。

レモンとはちみつの味が長く漬けておくことにより
混ざり合うので、どんどんおいしくなっていきます。

できれば食べる前日の晩に作って一晩じっくり寝かせておくと、
お互いの味がしっかり馴染んでいます。

面倒かもしれませんが、薄くスライスしたレモンは
そのままだと種も入っていますので、
取り除いておくと食べやすくなります。

たくさん作って何カ月も保存する場合、
途中で見たときにレモンとはちみつが分離していることがあります。

分離していても食べることができますので、安心してください。

気がついたときにその都度混ぜておきましょう。

さいごに

はちみつレモンを作っておくと、ドリンクにするのはもちろんのこと
そのまま食べたり、調理に入れたりなど
いろいろ工夫して楽しめます。

ダルビッシュ投手は、ショウガとお湯を加えて
ホットドリンクにし、体を温める
という飲み方もされています。

いろいろ参考にしながら、ぜひあなただけの
オリジナルアレンジもチャレンジしてみてください。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

はちみつレモンはスポーツ時に効果抜群!日持ちや保存期間は? はコメントを受け付けていません。 食材・食品の効能