まぶたの痙攣が治らない!自律神経やビタミン不足が原因?病院は何科




まぶたの痙攣がするようになった
ということはありませんか?

ピクピクとまぶたが動くアレです。

意識の上ではたいしたことがないつもりでも、
あまり続くと気持ちのいいものではありません。

何をしても治らないという方は、
食事を見直してみてはいかがでしょう。

また、まぶたの痙攣の症状が現れるときは、
自律神経の乱れが影響しているのかもしれません。

今回はまぶたの痙攣がでるとき何科を受診
すればいいのか、自律神経やビタミンとの
関わりについて取り上げます。

まぶたの痙攣が治らない時は病院で何科に行けばいい?

mabuta

まぶたの痙攣が止まらなくなったら、
病院では何科を受診すればいいのでしょう。

まぶたの痙攣という一つの症状でも、
考えられる病気が複数種類あります。

病気によって適した科目は異なるのですが、
まずは眼科を受診してください。

片側顔面痙攣の場合は、
治療を行っているのは神経内科になります。

目の異変が自律神経と関わる場合、
ドライアイや眼精疲労があげられます。

自律神経の乱れでまぶたの痙攣が起きるときは、
交換神経が優位になっている状態なんですね。

顔にある筋肉が度を超えて緊張してしまうと、
顔面神経を圧迫することから、
まぶたの痙攣という症状が現れます。

ビタミン不足が原因でまぶたの痙攣になる?

片方のまぶたの痙攣は、ビタミンなどの
栄養素が不足している可能性があるんですよ。

私がひんぱんに摂るようにしているのは、
ビタミンAです。

目の老化を防いだり、視力アップに貢献してくれる
栄養素だからです。

ニンジンを使用する常備菜を作り、
いつも冷蔵庫にストックしているよう
心がけていますよ。

ビタミンAは美肌にもいいので、
オススメですよ。

ビタミンB1は、疲労回復をしてくれる
栄養素です。

ネギやニンニクの食べ合わせは、ビタミンB1の
疲れを取る働きを強化してくれますよ。

ビタミンB2は、視力回復の働きをもたらして
くれます。

ビタミンEは、目元の血行をアップさせて、
疲労物質が蓄積しないようにする働きがあります。

血行がよくなれば、疲労物質が蓄積されません。

また、細胞が老けないようにも
してくれるんですよ。

食事から行うまぶたの痙攣対策は、
以外と簡単にできますよ。

さいごに

タンパク質も、目の健康にいい栄養素です。

目が疲れてまぶたの痙攣をすることが多く、
タンパク質は目を初めとする全身の疲労に
効果があります。

ビタミンを補給するだけでなく
もっと何かしたいというとき、
タンパク質を摂るようにしてみてくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

まぶたの痙攣が治らない!自律神経やビタミン不足が原因?病院は何科 はコメントを受け付けていません。 まぶた・目じり