アトピーに良い食べ物!赤ちゃん、幼児、犬ごとに改善食をご紹介




アトピーに苦しむ赤ちゃん、幼児、ワンちゃんが
とても多くなっているようですね。

生き物の体は食べた物で作られていますから、
食事を見直すことがアトピーの改善につながります。

今回は、アトピー症状に悩む赤ちゃん、1歳以上の幼児、
犬におすすめの食生活についてお伝えします。

赤ちゃんはママの母乳でアトピーを治そう!

inu

離乳食がまだの赤ちゃんは、
母乳にしてください。

アトピーに打ち勝つ体を手に入れるためには、
免疫力を向上させることが必要です。

腸が健康であれば、免疫力も高いといえます。

赤ちゃんはまだ腸も含め、
身体が作られている途中段階です。

この時期だからこそ、
食べ物の選び方次第で治療ができますよ。

母乳で治すということは、
ママの食生活から見直していくことが
有効となります。

日本は食がすっかり欧米化してしまいましたが、
一膳三食の昔から伝えられてきた和食を食べましょう。

一膳三食とは、
主食・副菜・ごはん・みそ汁・漬け物です。

アトピーの幼児に良い食べ物は、
葉菜類、根菜類、いも類、穀類、
魚類、海藻類、発酵食品、乾物などです。

油のしそ油、グレープシードオイル、
オリーブオイル、なたね油などもいいですよ。

犬のアトピーと血液検査

知人が飼っているワンちゃんは、
アトピーのようなアレルギーで
かゆみの症状が見られ、
とても、苦しそうにしていました。

食べ物にアレルゲンがあるのではと考え、
一般的にアレルギーにつながるといわれている食材は
全て取り除くようにしていました。

しかし、結局改善しなったので、
アレルギーの原因を調べる血液検査を
受けることにしました。

特定したアレルゲンを避ける食生活に改善したことで、
症状は大幅に収まっていますよ。

犬のエサというと、
多くの飼い主さんは
ドッグフードを与えているでしょう。

あまりにも安いドッグフードは
劣悪な原料を用いていますので、
避けることが重要です。

人間の食べ物は、使用される原料に規制が
設けられていますが、ドッグフードには
ありませんので、その分飼い主さんが
しっかり選んであげることが大切ですよ。

肉などのタンパク質、野菜などが
アレルゲンの原因になる可能性があります。

アレルゲンの心配がある原料を用いていない
ドッグフードも発売されています。

安心できるエサを
家族であるワンちゃんに選んであげたいですね。

さいごに

まだ幼いお子さんやペットのワンちゃんは、
自分で食べる物を選ぶことができませんから
体にいいものを選んであげたいものです。

食べ物が体に及ぼす影響はとてもダイレクトなので、
少しずつでもコツコツ続けていけば
きっとアトピー症状の改善につなげていくことができますよ。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

アトピーに良い食べ物!赤ちゃん、幼児、犬ごとに改善食をご紹介 はコメントを受け付けていません。 アトピー