アトピー咳嗽の治療は何科で?効果のある漢方や市販薬は?




咳が1カ月以上などの長期化した場合、
もしかしたらアトピー咳嗽にかかっている
かもしれません。

あまり聞き慣れない病名なので、
どうしたらいいのか迷うこともあるでしょう。

今回は、アトピー咳嗽かもしれないというとき
何科の病院へ行けばいいのか、
漢方薬や市販薬で改善するかについてお伝えします。

アトピー咳嗽は何科を受診するの?

kusuri

アトピー咳嗽を疑うような症状があったら、
病院で何科を受診すればいいのでしょう。

医師に本当の病名を診断してもらうには、
呼吸器を診てもらうことになりますので、
呼吸器内科または耳鼻咽喉科を受診してください。

漢方でのアトピー咳嗽の薬は、
ステロイド薬やヒスタミンH1拮抗薬です。

漢方薬はその人の体質や症状などを踏まえた上で、
そのときのその患者さんだけに適した
処方を行ってくれます。

西洋医学の薬で効果が現れなかったという方でも、
漢方薬なら症状が改善するということがありますよ。

アトピー咳嗽に効果的な市販薬はある?

咳が長引くと、仕事や勉強などに集中
できなくなりますよね。

病院へ行きたくても、行く時間の余裕が
ないということもありますので
アトピー咳嗽に効果のある市販薬があれば
知りたいところです。

咳が長く続いたら、
アトピー咳嗽の可能性はあります。

しかし、他にもいくつかの種類がありますので
正確な判断はやはり医師に診てもらう
必要があります。

アトピー咳嗽以外の長く治らない咳は、
咳喘息、喘息、感染後咳嗽、
胃食道性逆流症の逆流性食道炎。

さらに副鼻腔気管支症候群によって引き起こされる咳、
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
などがあげられます。

市販薬も処方薬も共通していえるのは、
鎮咳薬の多くは咳喘息などの病気に
効果を発揮しないということです。

一部の感染後咳嗽には効果があるものの、
その他の病気に対しては、
気管支を収縮させてしまうのです。

気管支が縮まってしまうと、
どんどん症状がひどくなる可能性があります。

知人は咳がなかなか収まらないので
病院で診てもらいました。

処方された薬を飲んで
しばらく様子をみようと医師にいわれたのですが、
全く改善しなかったということでした。

結局別の病院に行くことになったので、
セカンドオピニオンが必要になる場合も視野に入れ、
早めに受診した方がいいですよ。

さいごに

アトピー咳嗽を市販薬で治療することは、
なかなか困難のようですね。

そのままで過ごすのお辛いでしょうから、
土日や平日でも遅い時間まで
開いている病院を探して受診し、
早めに治療を受けてくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

アトピー咳嗽の治療は何科で?効果のある漢方や市販薬は? はコメントを受け付けていません。 アトピー