ボツリヌス菌がコーヒーで大繁殖?驚きの致死率とアルミ缶をやめた理由




缶コーヒーを日常的に飲んでいる方は、
とても多いのではないでしょうか。

自動販売機やコンビニなどで缶コーヒーを買うとき、
入っている缶がスチール缶かアルミ缶かなど
いつもチェックしている人は少数でしょう。

現在製造されている缶コーヒーは、
メジャーだったスチール缶からアルミ缶へと
移行の流れがあることをご存知ですか?

今回は、缶コーヒーでボツリヌス菌が大繁殖するのか、
どうしてアルミ缶に切り替わってきているのかについて
お伝えします。

コーヒーがアルミ缶をやめた理由

ko-hi-

アルミ缶よりもスチール缶が多く採用されていたワケは、
軽量で素材がさびにくいという
優れたメリットがあるからでした。

缶入りの缶コーヒーは、
ボツリヌス菌の繁殖をとても恐れています。

ボツリヌス菌には、
驚きの高い致死率があるからです。

ボツリヌス菌が増殖するとき、
入れ物によってそのことが外部からわかる
場合とそうでない場合とがあります。

スチール缶に入っている場合、
ボツリヌス菌が中で増えると
缶が膨張する性質を持っています。

これから飲もうとしているとき、
缶が不自然にふくらんでいたら、
「飲んでは危険だ!」と判断がつくので
自分の身を守ることができます。

しかし、アルミ缶に入っている場合は
そうではありません。

缶の丈夫さを維持する目的で、
薄いアルミ缶であっても
窒素ガスなどを含有させています。

内圧を高めて、
あらかじめ缶がふくらんだ状態になっているのです。

最初からふくらんでいる缶なので、
ボツリヌス菌が増殖しても
変化に気がつくことが不可能です。

高温殺菌が不可欠な缶コーヒーは、
ボツリヌス菌の侵入の危険性があるためですが、
メーカー側がアルミ缶を利用しないことを
守ってきました。

研究が進められたことによって、
危険なのはミルク入りの缶コーヒーのみだと判明し、
現在は規制の範囲が狭まっています。

ボツリヌス菌といえば

ボツリヌス菌というと、
生後1年くらいまでの赤ちゃんには
口に入れさせないように注意が必要な菌です。

お子さんがいるお宅では、
ボツリヌス菌と聞いただけで
とても神経質になるのではないでしょうか。

缶コーヒーを飲む年齢というと、
サラリーマンなどの大人が多いですよね。

この年齢になってまで、
ボツリヌス菌を心配しなければいけないとは
思ってもみませんでした。

これからもさらにボツリヌス菌の研究や
缶コーヒーの加工技術が高まっていけば、
簡単に滅菌処理ができて
安全になっていくのでしょうね。

さいごに

現在では、
工場の殺菌技術などが向上しました。

ハサップ(HACCP)の認証を受けたところなどで
製造された缶コーヒーは、
アルミ缶を採用しても安全だと考えられています。

こうした技術の進化から、
以前はやめていたアルミ缶の使用が
再び増え始めているのですね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

ボツリヌス菌がコーヒーで大繁殖?驚きの致死率とアルミ缶をやめた理由 はコメントを受け付けていません。 ボツリヌス菌