レジオネラ属菌とは?発生原因と検査方法は?消毒や改善法も




レジオネラ属菌がもし発生したら、
どんな検査方法で発生原因を
突き止めるのでしょう。

レジオネラ属菌の発生原因となる可能性がある場所で、
行われる検査方法、消毒や改善法について取り上げます。

レジオネラ属菌の検査方法

syoudoku

検査方法というと、業者に来てもらって
数日間かけて大掛かりな作業を行うイメージがありました。

業者によってやり方は異なるでしょうが、
レジオネラ属菌の検査は500mlほどの容器に水を入れ、
渡せば調べてくれるようです。

レジオネラ属菌の検査方法は、
厚生労働省生活衛生局企画課が監修する
レジオネラ症防止指針に従って行われますから、
安心感がありますね。

発生原因は、そもそもレジオネラ属菌が湖沼や河川、
土壌などの自然界に存在し、約39℃で増殖します。

実際に増殖して危害を及ぼしているのは、
自然界ではなく人工的に設けられた
入浴施設や空調設備などです。

改善法は、検査した設備によっていくつかあり、
それぞれ異なります。

例えば、循環式浴槽の場合でしたら、
水を全て変えるときには塩素剤を使用してろ過装置、
浴槽内、配管系内の消毒をし、最後に洗浄します。

レジオネラ属菌に感染したら、発生原因の特定に保健所

親戚はもう高齢の男性なのですが、
先日現地の温泉をあちこち回る旅行に行っていました。

旅行から帰ってから熱がでたので、
病院で医師に診てもらったところ
レジオネラ肺炎だったということです。

親戚はとても怒っており、
保健所が検査に乗り出すという事態に発展しました。

一人の観光客が声を上げることで保健所が動くのだと、
驚いてしまいました!!

結局のところ、親戚が利用した温泉から
問題は見つからなかったということです。

専門家の検査で判断されたのですから、
親戚が感染されたレジオネラ属菌のでどころは
別のところだったということでしょうね。

ある程度高齢になると、
レジオネラ属菌に感染するリスクが
高まるそうです。

温泉というと、時間的にも金銭的にもゆとりのある年齢が高い方が、
健康のために行くところだと勝手に思いこんでいました。

でも、高齢になるほどレジオネラ属菌が移りやすくなるなら、
温泉好きな方は若いうちから
どんどん行っておいた方がいいのでしょうね。

さいごに

レジオネラ属菌は水の中に入らなくても、
蒸気や霧状になった浮遊する水が肺に入り込めば
感染してしまいます。

親戚は温泉に入った直後だったために
その施設が原因だと疑ったのですが、
加湿器や空調の冷却塔などにある水も感染源になりえます。

衛生的に保つよう心がけ、
必要に応じて検査を受けるなどの
努力が大切ですね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

レジオネラ属菌とは?発生原因と検査方法は?消毒や改善法も はコメントを受け付けていません。 レジオネラ肺炎