レジオネラ菌とは?温泉や銭湯で感染した症状と原因、治療法は?




温泉や銭湯で感染するというレジオネラ菌とは、
どんな特徴を持っているのでしょう。

レジオネラ菌に感染した場合の症状、
原因、治療法についてお伝えします。

レジオネラ菌に温泉や銭湯で感染する原因

senntou

レジオネラ菌とは細菌の種類で、自然界の湖沼や河川、
土壌などに生息しています。

最近では温泉だけで確認されるというわけではなく、
給湯器の水や循環式浴槽水、空調設備の冷却塔水などに
生きる生物膜などにも寄生するようになりました。

とすると、温泉や銭湯につかることで
感染すると思われそうですが、
湯の中に入ること原因ではありません。

レジオネラ菌は、39℃くらいで増殖する性質を持っています。

空気中に霧状や蒸気となって浮遊し、
それを肺に吸い込んだときに
感染するのです。

レジオネラ菌に感染すると、
レジオネラ肺炎とポンティアック熱の2種類にわけられます。

潜伏期間が2日から10日ほどありますが、
それぞれどんな症状が現れるのでしょう。

レジオネラ肺炎は悪寒や筋肉痛、頭痛、
咳、高熱などの症状が現れます。

治療を受けずにそのまま放置し悪化すると、
意識障害、下痢、呼吸困難になって胸が痛くなるなどの
症状に発展する可能性があります。

レジオネラ菌に感染したときの治療法

治療法は、レジオネラが細胞内寄生細菌であるということから、
抗菌薬が用いられます。

ポンティアック熱の症状は、発熱です。

2から5日ほどで、自然に熱が下がります。

レジオネラ肺炎はしっかり抗菌薬治療を受けなければ、
6割から7割の致死率という深刻な状態になりますから、
早めに病院で受診してくださいね。

親戚は国内旅行を予定しているのですが、
そんなときにレジオネラ菌のことを知ったそうです。

国内旅行といっても温泉が目的ではないのに、
どうして気にしているのかと聞きいてみました。

すると、足湯でもレジオネラ菌が
検出されたという古い記事を
ネットで見つけたというのです。

温泉地では、駅前などに足湯があるところがありますよね。

無料で利用できるところが多いので、目にとまれば私も入ります。

レジオネラ菌が蒸気などで肺に入り感染するのだということで、
足湯も心配なのだと言っていました。

考え過ぎのような気もしますが、
衛生管理がしっかりしていそうなところを選んで、
足湯を利用すればいいのではと伝えました。

さいごに

日本では、温泉施設がとても人気となっていますね。

シャワーや滝状になった打たせ湯、
バブルジェット、ジャグジーなど
温泉水が霧状になって飛び散る環境が
いろいろあります。

体調を崩して免疫力が低下しているときなどは、
特に気をつけてくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

レジオネラ菌とは?温泉や銭湯で感染した症状と原因、治療法は? はコメントを受け付けていません。 レジオネラ肺炎