化膿性扁桃腺炎の原因や症状!入院治療が必要?感染予防法は




化膿性扁桃腺炎になると、
膿がでるなど辛い症状が現れます。

今回は化膿性扁桃腺炎はどんな原因で
発症するのか、その原因と感染予防、
入院治療は必ず必要なのかなどをお伝えします。

原因や症状、感染予防法、入院治療の必要性

nyuuinn

化膿性扁桃腺炎を発症する人は、
その前に扁桃腺肥大があります。

扁桃腺肥大があり、さらに疲労困憊したときに
化膿性扁桃腺炎を発症します。

化膿性扁桃腺炎になる原因菌は、
肺炎球菌、溶血性連鎖球菌、
黄色ブドウ球菌などです。

発症すると、38℃~39℃もの高熱の
症状が現れます。

発熱の時間帯は午後から夜という特徴があり、
突如高い熱がでます。

この熱は長続きせず、夜が明ければ
下がるのですが、ほとんどの患者さんは
再び午後から夜に熱がでます。

1度目の発熱後に解熱したときは、
食欲もあるので治ったのかと思い
油断しそうになります。

2度目の発熱では、1度目にはなかった
節々やノドが痛みの症状が出ますよ。

化膿性扁桃腺炎と診断されると
入院治療が必要なこともありますが、
症状に応じて入院が不要なケースもあります。

感染予防についてですが、基本的に
他の人には感染することはありません。

例外があり、溶血性連鎖球菌という
原因菌の場合は極度に濃厚な接触をすると
感染する可能性があります。

一緒に長い時間遊んだり、親子の間柄などが
この場合の濃厚な接触ですから、
注意してくださいね。

化膿性扁桃腺炎は治りかけが肝心!

知人は病院で化膿性扁桃腺炎と告げられた
のですが、入院するほどではありませんでした。

点滴をしてもらい、処方された薬と
うがい薬を使用することで治すことができました。

次第に膿が消えていきましたが、
その部位はすぐに平たんにはならず
しばらくガタガタしていました。

知人はもう治ったのも同然だと思い、
普段通りの生活に戻ろうとしたのですが、
ここで安静にすることを中断してしまうと
治りが悪くなるそうですよ。

タバコを再開していいタイミングは
もう少し先です。

扁桃腺がまだ回復しきれていませんので、
雑菌が付着しやすい状態です。

ここで無理をして元通りの生活に
戻してしまえば、扁桃腺炎の
発症リスクが高まったり風邪を
ひきやすくなります。

もうしばらくはうがいなどを続ける
必要があるということです。

さいごに

化膿性扁桃腺炎になると
白っぽい膿ができますが、
これが出なくなったくらいでは
まだ完全には治っていません。

自分で判断をするのではなく、
医師に適切な判断をあおいでくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

化膿性扁桃腺炎の原因や症状!入院治療が必要?感染予防法は はコメントを受け付けていません。 扁桃腺炎