慢性扁桃炎の症状は膿栓と微熱!原因は口呼吸?腎臓病の可能性も




慢性扁桃炎にかかるのは、
どん原因で発症するのでしょう。

口呼吸が慢性扁桃炎を引き起こすというのは
本当でしょうか。

今回は、慢性扁桃炎にかかったときに
出る症状、発症する原因などについて
取り上げます。

慢性扁桃炎を発症する原因・症状

kokyuu

まだ急性扁桃炎のときには、
膿栓と呼ばれる白い塊の付着や発熱、
咽頭痛などの症状が現れます。

慢性扁桃炎になると、微熱や乾燥感、
軽度ののどの痛みなどが現れますが、
患者さんによっては症状がほとんど
出ないということもあります。

慢性扁桃炎は、口呼吸が原因で
発症することが多いのだそうです。

鼻炎などで鼻が詰まっているときや、
物事に集中して没頭しているときなどは、
ついつい口呼吸になってしまうので、
気をつけたいですね。

腎臓病のIgA腎症と診断された患者さんは
慢性扁桃炎も患っている方がとても多い
ことがわかっています。

子供時代に扁桃炎は除去したけれど・・・

知人が慢性扁桃炎を患ったのは、
まだ子供のころでした。

急性ではなく慢性であり、医師から手術を
勧められたことから、取り除いていました。

原因を除去する手術を受けたのだから、
二度と痛むことはないと思っていたのですが、
再び痛みを感じるようになりました。

病院で診察を受けたところ、
前回除去したものとは別の扁桃炎が
発症したのだということでした。

さらに、子供時代に除去の手術を受けた場合、
体が成長することによって多少残ってしまう
のだといわれたそうです。

本人は、二度と慢性扁桃炎で辛い思いを
したくないので手術を受ける決心をした
ので、こんなことならあまり意味がなかったと
ガッカリしていました。

そんなことって、あるんですね。

のどが痛いというだけでなく、熱がでるのも
扁桃炎の辛い症状だそうです。

もしかしたら、子供時代にも手術のリスクや
メリットなどを説明されていたのかも
しれませんが、実際は十分には
わかっていなかったようです。

ちなみに、扁桃炎を除去した部位にまた
発症した場合、同じ手術を受けることは
できないそうです。

発症しないように予防をすることが
身を守る手段になります。

さいごに

扁桃炎のある部分は、一カ所ではないんですね。
意外でした。

知人がそもそも手術が必要になったのは、
年に何度も発症するような慢性扁桃炎に
なったからです。

数カ月間隔くらいの短いスパンで発症して、
辛い思いをしていたからです。

またいつ発症するのか不安のようで、
うがいや手洗いで予防に努めています。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

慢性扁桃炎の症状は膿栓と微熱!原因は口呼吸?腎臓病の可能性も はコメントを受け付けていません。 扁桃腺炎