更年期の蕁麻疹に効果ある漢方薬は?効能や成分・副作用は




蕁麻疹(ジンマシン)は、
意外ですが更年期障害の症状の一つです。

更年期による蕁麻疹にはどんな漢方薬が
効果的か、その効能や成分、副作用について
お伝えします。

更年期障害に効果的な漢方薬は温清飲

koureisya

更年期の症状の現れ方は人それぞれで、
多岐に渡ります。

ホルモンのバランスが崩れることで
体に異変が生じるのが更年期障害ですが、
全く関係がなさそうな症状が現れることも
珍しくありません。

蕁麻疹もその一つではないでしょうか。

女性は自然由来の原料の体にやさしいものが
好きですよね。

更年期障害も天然の生薬で治したいなら、
漢方薬の温清飲(ウンセイイン)を
検討してみてはいかがでしょう。

更年期障害以外の効能は、自律神経失調による
のぼせや不眠、不安などがあげられます。

不眠や不安、月経が多い、子宮出血、月経痛、
月経不順などにも有効ですよ。

成分は、黄柏、黄連、山梔子、川芎、
黄芩、芍薬、地黄、当帰などを配合しています。

漢方薬といっても薬ですから、副作用の
リスクを知っておくことは大切なことです。

報告されている温清飲の主な副作用は、
下痢、嘔吐、悪心、胃部不快感、食欲不振、
発赤、発疹などです。

更年期障害の症状によって異なる漢方薬

更年期障害に効果を発揮する漢方薬は、
多くの女性が探しているようですね。

以前に更年期障害を迎えていた
知人の女性に聞いてみたところ、
温清飲以外にも当帰芍薬散や
加味逍遙散などという
種類があるとのことですよ。

どうして漢方薬だけで複数の種類が
あるのかと思いませんか。

更年期と一言でいっても女性によって
でる症状がさまざまなので、
その人の抱えている悩みに応じて
処方される漢方薬が異なるのだそうです。

その知人は最初に飲んでいた漢方薬が
合わなかったようで、他の種類に
切り替えたところ更年期の症状が
だいぶ緩和されてラクになった
ということですよ。

加味逍遙散を服用していたところ、
彼女には強力すぎてしまったようです。

効き目がもっとやさしいという
当帰芍薬散に変えてからは、
調子がいいということでした。

さいごに

自分の体質や症状に合った漢方薬に
うまく出会うことができれば、
精神的にもゆとりがでてくるのでは
ないでしょうか。

更年期障害に効く薬というだけでなく、
具体的に自分の症状と効能を照らし合わせて
漢方薬を探してみてください。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

更年期の蕁麻疹に効果ある漢方薬は?効能や成分・副作用は はコメントを受け付けていません。 漢方薬