漢方薬の副作用でかゆみ・むくみが!服用の注意点と過剰摂取




漢方薬は自然由来の生薬を
複数配合した薬です。

そのため安心して服用されていますが、
過剰摂取をするなど間違った飲み方をすると
かゆみやむくみなどの副作用が現れます。

今回は、漢方薬の副作用である
偽アルドステロン症の症状などについてお伝えします。

漢方薬を服用してかゆみやむくみの副作用が!

ashi

漢方薬を服用していて体質にあわなければ、
かゆみやむくみなどの副作用が現れる
ことばあります。

指導された用法や用量に従わず、
早く効果を出したいために過剰摂取をして
しまうことも、副作用の原因になりますから
注意が必要ですね。

副作用に似た「瞑眩(メンゲン)」は、
患者さんの体質に適した漢方薬を飲んでいても
発症することがある症状です。

漢方薬の副作用として有名なものに、
偽アルドステロン症があります。

多くの漢方薬に配合されている甘草という
生薬が、偽アルドステロン症の原因になります。

偽アルドステロン症は、むくみや高血圧など
の症状が、体外にカリウムが排出されるときに
現れることがわかっています。

漢方薬の副作用の偽アルドステロン症かも!?

知人は病院へ行って漢方薬を処方してもらい、
医師の指示に従ってしばらく服用していました。

すると、思うように力が入らなくなったり、
筋肉痛などの異変が生じるようになった
ということです。

漢方薬を飲むまではそのようなこともなく、
筋肉痛になるような運動をした覚えも
全くありません。

家族などにそのことを話したら、
弟さんが漢方薬についてネットでいろいろと
調べてくれました。

そして、「その症状は偽アルドステロン症では
ないか」と言われたそうです。

そのことを早速医師に相談しました。

すると、症状が緊急を要する事態ではないことと
服用を開始してからまだ日が浅いことなどから、
まだ偽アルドステロン症かは判断できないと
言われました。

あと数日服用を継続するよう指導されました。

最終的には血液検査をすれば判断できる
のだそうです。

結局、偽アルドステロン症ではなく
低カリウム血症ではということになりました。

しかし、西洋医学の薬で治療することに
慣れていると、症状がでているのに時間がかかる
というのは、本人にとっては辛いですよね。

さいごに

ゆるやかに効き目を発揮するという
漢方薬の性質を理屈では理解して
いるつもりでも、当人は辛そうです。

低カリウム血症の場合は
カリウムが血液内に足りない状態なので、
カリウムが豊富なフルーツや野菜を
食べるようにするといいそうです。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

漢方薬の副作用でかゆみ・むくみが!服用の注意点と過剰摂取 はコメントを受け付けていません。 漢方薬