漢方薬の副作用で吐き気や動悸・眠気あり?理由や対策は




漢方薬を飲めば治ると思っていたのに、
吐き気や動悸、眠気などの症状が
現れたことはありませんか。

今回は漢方薬を服用して吐き気や動悸、眠気
などの症状が現れた場合について取り上げます。

漢方薬別に副作用がでる理由・対策

kannpou

漢方薬は薬ですから、副作用が生じる可能性が
考えられます。

例えば、麻黄(マオウ)という関節の痛みの除去、
発汗、解熱、咳や喘息の改善などに効く漢方薬
があるのですが、これも例外ではありません。

動悸や神経症状、不眠などの心血管症状の
副作用があるかもしれません。

理由は、エフェドリンという成分を含有して
いるからです。

吐き気の副作用がでる可能性がある漢方薬は、
附子(ブシ)や地黄(ジオウ)などがあります。

漢方薬を服用して眠気の症状が現れた場合は、
これは副作用ではなく薬が効いている証拠です。

不調が治っていく段階では、
体は副交感神経が優位になることから
眠気に襲われたりだるくなるんですよ。

漢方薬はその患者さんの症状や体質に合わせて、
複数の生薬を組み合わせて調合しています。

医師に相談をすれば、副作用の対策として
他の生薬で不要な効果を打ち消す調合などの
対応をしてもらえるのではないでしょうか。

漢方薬服用での吐き気は副作用?

知人が漢方薬を飲み始めたきっかけは
どこか体の調子が悪いというわけ
ではありません。

もともと胃腸があまり丈夫な方では
なかったので、根本的に体質を改善
したいということで、漢方薬を利用
することにしたそうです。

すると、胃腸が弱いせいか、
食前のお腹が空っぽな状態に漢方薬を飲む
ことで吐き気がします。

本人は、漢方薬の副作用で吐き気の症状が
でたのではないか、そうだとしたら
漢方薬での体質改善ができなくなってしまうと
困惑していました。

体質を改善して胃腸のトラブルをなくしたい
という気持ちが強かったので、
吐き気をガマンして飲み続けようか
悩んでいました。

すると、漢方薬を以前に飲んでいたという
知人のお友達から、吐き気がするなら
食前ではなく食間や食後に服用してみてはと
アドバイスをもらったそうです。

もちろん、食前に飲む場合に比べて
効き目は低下してしまいますが、
長期的に続けることでその分を
取り戻せるのではないかということです。

それを聞いた知人は気持ちが
ずい分とラクになったようで、
もう少し続けて様子を見たいといっています。

さいごに

吐き気などの辛い症状をともなうときは、
処方してもらった医師や薬剤師さんに
直接聞いた方が賢明ですね。

漢方薬は何種類もありますので、
そのときの体調などに応じた処方に
してもらうこともできるようです。

専門家に相談するのが
一番ですね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

漢方薬の副作用で吐き気や動悸・眠気あり?理由や対策は はコメントを受け付けていません。 漢方薬