漢方薬の副作用で腹痛になる原因は?体質や年齢によるの?




漢方薬は、生薬によってさまざまな
副作用の症状の可能性があります。

今回は、服用する患者さんの体質や年齢が
副作用に影響するのかなど
について取り上げます。

漢方薬による副作用の腹痛と体質や年齢の影響

fukutsuu

漢方薬を服用した場合でも、
西洋医学の薬と同様に副作用が
でることがあります。

漢方薬は複数の生薬を組み合わせたものですが、
生薬によってどんな副作用が考えられるかは
あらかじめ分かっているんですよ。

例えば、腹痛の副作用が考えられる生薬は、
大黄(ダイオウ)や芒硝(ボウショウ)など
があります。

漢方薬を飲んで副作用がでやすい人
というのはあるのでしょうか。

年齢では、子供や高齢者です。

体質では、極度に胃腸が弱っている人などは
漢方薬は控えた方がいいかもしれません。

授乳中の女性や妊婦さんも、
この時期の漢方薬の服用は
避けた方が無難です。

漢方薬を服用したあとに、
副作用によく似た症状が現れるケースがあります。

瞑眩(メンゲン)と呼ばれるもので、
症状は副作用のような不調なので
間違えてしまう方も多いのですが、
漢方薬がその人に適していないわけではありません。

瞑眩はいつまでもでているわけではなく、
服用を開始してから1週間ほどで
なくなっていきます。

症状によっては漢方薬が適さないことも

知人は病院で診察を受けたところ、
治療薬として漢方薬が処方されました。

治ると信じて飲み続けていましたが、
体があちこちかゆくなったりむくんだり
などの症状が現れてきました。

漢方薬には瞑眩という副作用に似た
症状がでることがあると知っていたので、
知人はしばらく耐えて服用を継続していました。

しかし、数日経っても全く改善しないので、
耐えられなくなり病院を変えた
と言っていました。

漢方薬は体質に合っているか判断できるように
なるまで、2週間くらい服用を続けなければ
いけないと医師から言われたそうです。

しかし、本人はアトピーでもあったため、
かゆみの症状が悪化することは
相当辛かったようでした。

漢方薬だから安全で万能というわけではなく、
そのときの症状に応じて西洋医学も
選択肢に加えた中で、最善な選択をする
ことが一番のようです。

その知人は、漢方薬での治療を終了したのち、
即効性の高い西洋医学の治療に
切り替えました。

アトピーであるということも踏まえた上で、
知人にとっては最善な判断だったと思いますよ。

さいごに

副作用によく似た瞑眩は、
素人がどちらか見極めることは困難です。

気になる症状が現れたら、
ガマンせずに病院や漢方薬局で相談
してみてくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

漢方薬の副作用で腹痛になる原因は?体質や年齢によるの? はコメントを受け付けていません。 漢方薬