犬のニキビダニが原因で病気に?アカラス症の症状と治療・予防法




ニキビダニは人にも犬にも
生息することが多くあります。

ニキビダニが原因で病気につながる
場合がありますので心配です。

どんな症状が現れたら、
病気を疑った方がいいのでしょう。

今回は、犬に寄生したニキビダニが
アカラス症を引き起こした場合の症状、治療、
予防法についてお伝えします。

犬のアカラス症の原因や症状

inu

ニキビダニは人間の顔にもいますが、
犬の毛穴に寄生すると皮膚病を
発症してしまいます。

アカラス症です。

犬がまだ生まれて間もない頃に、
母親犬と深い接触をすることで感染します。

基礎疾患があったり、遺伝、
免疫力や体力が下がっているときなどに
発症します。

ニキビダニが寄生したとしても、
発症しないワンちゃんも
たくさんいるそうですよ。

アカラス症の症状は、
段階によって異なります。

最初は脱毛の症状が現れるケースが多く、
まだ痒みなどはありません。

さらに症状が進行すると、ダメージを
受けた毛根から毛が抜け落ち、ニキビのように
皮膚がただれるなどの異変が現れます。

最終的には、
痛みやかゆみがひどくなります。

アカラス症はどんな治療法を行うの? 予防法は?

友人の飼っている犬が、
以前にアカラス症を患ったことがありました。

体調に異変が現れたとき、
最終的にはアカラス症だと診断されたものの、
発症して間もないうちは
病名を断定されませんでした。

脱毛の状態がきれいな初めのうちは、
診断できにくいのだそうですね。

なかなか症状が改善しないため、
別の動物病院も回ってみたところ、
その間に進行していたせいか
アカラス症だと正しい診察を
してもらうことができたということです。

治療はまず薬浴や殺ダニ剤で行われ、
この方法で全体の半分近くは治るということです。

フィラリア予防の薬は、
アカラス症にも有効です。

フィラリアの予防法として用いる場合の、
約300倍を犬に服用させます。

アカラス症の症状がひどくなったり
慢性的になるケースとして、
基礎疾患(ホルモンの異常分泌)や
真菌や細菌の二次感染を引き起こした場合
などがあります。

並行して治療を行うことが必要です。

さいごに

発症してすぐに診察を受けても、
アカラス症だと明らかにならない場合が
あるというのは、
知っておいた方がいい情報ですね。

一度の受診で回復しなくても
再び医師に相談してみれば、
よくなる可能性が高いのですから。

アカラス症が特に感染しやすい部位は、
前足、口元、目の周りなどです。

この辺りを、
意識的にチェックしてあげてください。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

犬のニキビダニが原因で病気に?アカラス症の症状と治療・予防法 はコメントを受け付けていません。 ニキビ・できもの