肝臓に良い食べ物は?タンドリーチキンや野菜ではトマト!レシピを紹介




肝臓が病気になるというと、脂肪肝などが多いでしょう。

肝臓そのもののサイズは内臓の中でも大きいのですが、
他の臓器に比べて普段はあまり
注目されることがありません。

体内に入った毒を分解するデトックス効果、
食べ物や飲み物の栄養素を分解して
合成し代謝させる働きなどが主な役割です。

縁の下の力持ちといえる、大切な臓器なんですよ!

アルコールで弱らせて肝炎になるイメージがありますが、
お酒を飲まない方でも
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)を発症することがあります。

肝臓を日常生活の中で大切にするには、
トマトやタンドリーチキンを食べることが
効果的です。

今回は、タンドリーチキンの簡単レシピをご紹介します!

タンドリーチキンやトマトで肝臓が健康に!

tanndori-chikin

肝臓で生成されるタンパク質に、
アルブミンというものがあります。

アルブミンは血液に入っており、体のあちこちに
血流で運搬されて全身のいろいろな組織を
作る原料になっています。

このアルブミンの数値を測ってみると、少ない人ほど
肝臓機能が低下することがわかっていますので、
多いに越したことはありません!

肝臓とは関係のない病気にかかったときも、
アルブミンの数値が高い人ほど
スムーズに回復するんですよ。

アルブミンはタンパク質なので、
食べ物でも良質な肉や魚を摂ることで増えます。

タンドリーチキンは鶏もも肉を使用しますし、
ウコンも材料に入っています。

ウコンはポリフェノールのクルクミンが含まれていますので、
肝臓のデトックスの働きをサポートすることから
摂るといいですね。

トマトも、デトックスに効果を発揮する食べ物です。

他に、脂肪を消化する働きなどもある優れた野菜です。

肝臓に良い食べ物のタンドリーチキンの作り方!簡単レシピ

以前にテレビで紹介されていた、
タンドリーチキンの作り方レシピなんですが
私が実際に作ってみて良かったので、ご紹介します^^

作り置きができるので、とてもいいですよ!

ビニール袋に、
すりおろしたショウガとニンニク(それぞれ小さじ1杯)、
インスタントコーヒー大さじ1杯、プレーンヨーグルト100g。

さらにカレーパウダー小さじ1/2杯、塩小さじ1杯、黒コショウ適宜、
鶏もも肉1枚を入れてもみ込みます。

鶏もも肉に材料をしみ込ませたいので、
まずはビニール袋の中に入れた状態で
しっかりもみ込むことがコツです。

さらに浸透させたいので、
30分から1時間ほど冷蔵庫で放置してください。

フライパンやオーブンで焼いたら、できあがりです!

タンドリーチキンの作り方レシピは
他にもサイトや料理雑誌などで紹介されていますが、
このレシピは作り方がとてもシンプルなのでオススメです。

普段料理をしないけれど、
健康のためにやってみようという方でも、
ここまでシンプルだと作りたくなりますよ!

さいごに

肝臓の病気である脂肪肝は、
国内の推定患者数が2,000万人もいるという状況です。

2,000万人というとピンとこないかもしれませんが、
6人に1人の割合といいますから人ごとではありません。

脂肪が肝細胞の3割を超えてしまうと、
脂肪肝と診断されます。

自分が大丈夫でも、家族に脂肪肝の可能性があるかもしれません。

トマトなら、プチトマトを冷蔵庫に常備
しておくだけでもいいんです。

タンドリーチキンやトマトを使ったお料理を、
普段からぜひみなさんで食べてくださいね。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

肝臓に良い食べ物は?タンドリーチキンや野菜ではトマト!レシピを紹介 はコメントを受け付けていません。 食材・食品の効能