赤ちゃんのあせも薬にアズノールやステロイドは使える?

話題の加圧式インナーで普段の生活が筋トレ時間に♪




赤ちゃんはよく汗をかきますので、
あせもの予防はとても大切ですね。

特に夏場は、汗をかいたら小マメに拭いたり
着替えさせてあげているつもりでも、
あせもができてしまうことがあります。

赤ちゃんのあせもの薬はいろいろ
発売されていますが、その中で
アズノールとステロイドについてお伝えします。

赤ちゃんのあせもにステロイドとアズノール

akacyann

ステロイドというと強力な医薬品という
イメージが強くあります。

まだまだ肌がデリケートな赤ちゃんに
ステロイドを使用しても大丈夫なのか、
どうしても心配になってしまいますよね。

ステロイドは、効き目の強さを
5段階に分けて販売されています。

塗る部位によって適切なものを選んであげれば、
効果的に赤ちゃんのあせもを治してくれますよ。

1日でも早くあせもを治したいなら、
ステロイドの段階を正しく選んで
使用するといいでしょう。

アズノールは、あせもの炎症を抑制する
作用の医薬品です。

即効性が期待できるステロイドに比べて、
アズノールはおだやかに作用するため
治るまでに時間がかかると思ってください。

アズノールを選ぶメリットは、
ステロイドのように副作用がないところです。

副作用の心配がない安全な薬をお探しのときは、
アズノールがいいのではないでしょうか。

ステロイドを怖れず正しく使おう!

知人は、まだ一人目のお子さんが
赤ちゃんの頃、あせもができたので
薬を塗ったり衣類の調整をしました。

あせもができた箇所が1カ所ではなかったため、
皮膚が弱い部分はアズノールを塗ったところ、
きれいに治ったということです。

比較的皮膚が丈夫な部位には、ステロイド配合の
薬を塗っていました。

しかし、まだ完治していない時期に、
ステロイドは怖いものだと周囲の人に言われて、
使用を中断してしまったそうです。

ステロイド配合の薬は、あせもができた
ばかりの時期に使うようにし、
キレイになってきたら他のもっと
肌にやさしい薬に移行するという使い方が
いいと考えています。

ステロイドは即効性がありますから、
正しく使えば、早くあせもの症状から赤ちゃんを
解放させてあげられるでしょう。

知人はステロイドについての偏見をなくし
正しい使い方を知ってからは、上手に薬を
活用できているようでした。

さいごに

知人は赤ちゃんにたくさんの衣類を
着せ過ぎていたということも、
あせもにつながっていました。

赤ちゃんに着せる衣類は、
大人の体感より少し少ないくらいが
ちょうどいいといわれていますよ。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

赤ちゃんのあせも薬にアズノールやステロイドは使える? はコメントを受け付けていません。 あせも・しっしん