足やかかとのあかぎれに効く市販薬!原因と簡単な治療法で快適に




足のかかとにあかぎれができたら、
ひどくなると痛くて歩けない場合もあります。

今回は、かかとのあかぎれに効果的な治療法と、
ゲンタシン軟膏と同じ効能の薬について
お伝えします。

かかとにあかぎれができる原因と治療法

nannkou

かかとなど足の裏が乾燥すると、
角質層が極端に厚みを増して
角化(角質肥厚)します。

これが、あかぎれの原因です。

乾燥したかかとなどは
ケアをしないで放っておくと、
皮膚に亀裂が入ったような
ひび割れを起こしますので要注意ですよ!

あかぎれになるほど悪化した場合、
炎症がおきたり、血が出る症状が現れます。

ここまでくると、
痛みがひどくなるので
歩くのも大変なくらいです。

かかとは体の他の部位とは違って、
自分で皮脂を分泌し
肌を守る皮脂腺が存在しないんです。

そういった性質から、
乾燥しやすい部位なんですね。

この特徴を踏まえた上で
あかぎれの治療法は、
足を乾燥から守ることが重要だとわかります。

あかぎれの症状は、
程度に個人差があります。

まだ深刻でないという状態なら、
ハンドクリームを塗布するだけで
十分ケアができます。

足先の冷えも影響しているという場合は、
ビタミンEなどを含んだクリームを選ぶと
血行促進効果が得られますよ。

病院では、
サリチル酸や尿素軟膏といった
角質溶解剤が処方されます。

足やかかとのあかぎれによく効く市販薬 ゲンタシン軟膏&クリーム

友人は秋から冬にかけて、
毎年足のかかとにあかぎれができて
以前まではとても辛そうな様子でした。

ここ数年は、
保湿クリームとかかとだけある靴下をはくなどして、
ずい分とラクになったようですよ。

保湿クリームを塗るタイミングは就寝前、
お風呂をでて足が清潔な状態のときに
塗布しているとのことです。

もともと全身が乾燥肌気味なのですが、
はいているかかとだけある靴下というのは、
かかとの荒れにお悩みの方用のケア製品で、
ドラッグストアなどで購入できるものです。

寝ている間にしっかり保湿ケアをしていると、
1日中調子がとてもいいようですよ。

「ゲンタシン軟膏0.1%」は、
局所の感染症を治療し、
細菌が増えるのを阻害する
アミノグリコシド系抗生物質です。

皮膚感染症になったとき、
治療に役立てられている薬です。

ゲンタシン軟膏0.1%と同じ効能の薬を
探してみたところ、
「ゲンタシンクリーム0.1%」が
見つかりました。

ゲンタシン軟膏0.1%は、
白いチューブに緑色のキャップをした剤形。

ゲンタシンクリーム0.1%は、
チューブの色は同じですが
キャップが青色をしています。

軟膏タイプとクリームタイプは、
肌質によって使いやすさが違いますよね。

ご自身にあった方を、
選んでください。

さいごに

あかぎれになる原因を知ることで、
保湿ケアの大切さがわかりますね。

足の裏に皮脂腺がないことから、
自分で外から保湿することを
毎日忘れずに行いたいものです。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

足やかかとのあかぎれに効く市販薬!原因と簡単な治療法で快適に はコメントを受け付けていません。 あかぎれ