足やかかとのあかぎれに効く治療法!ゲンタシン軟膏と同じ効能の薬は




足のかかとは
あかぎれができやすい場所です。

どんな治療法なら効果が高いのか知っていると、
寒い冬も安心して迎えられます。

あかぎれが深くなって切れてしまうと、
激痛で歩くことすら困難になりますから、
予防をしておきましょう。

今回は、足のかかとのあかぎれに効果的な治療法と、
ゲンタシン軟膏の効き目と同じ薬について
取り上げます。

かかとのあかぎれに効く治療法

ashi

かかとにあかぎれができる原因は
いろいろあります。

血行不良になることが、
かかとに限らず手のあかぎれにも
共通する原因です。

サイズがフィットしていない靴を履いていると、
靴の中で足が窮屈になって
血液が巡りにくくなります。

こうして足の血流が悪化した結果、
かかとのあかぎれを招くケースがありますよ。

この場合の治療法は、
自分の足に合う靴に
買い換えることでしょう。

他には、タバコを吸うことも
あかぎれにつながるといわれています。

喫煙は血管を縮めてしまうので、
血液の流れが悪くしてしまいます。

この場合の治療法は、
原因を取り除くためにタバコの量を減らしたり、
少なくすることです。

ゲンタシン軟膏と同じ効能の薬

ゲンタシン軟膏0.1%と効能が同じ薬をお探しなら、
同じMSD株式会社という製薬会社の
ゲンタシンクリーム0.1%があります。

どちらも
アミノグリコシド系抗生物質です。

使い方は、あかぎれができた部位に
直接塗るか、状態によってはまずガーゼなどに
薬を伸ばしつけ、患部に貼りつけます。

名前からも分かる通り、
軟膏とクリームのどちらが合っているかで
選んでくださいね。

私は軟膏やクリームを塗るとき、
できるだけマッサージもするように
していますよ。

あかぎれは血行不良が原因でできますから、
マッサージによって血の巡りをよくさせます。

軟膏やクリームを塗ったときであれば、
表面のすべりがよくなっているので、
皮膚を傷める心配がないと思いました。

軟膏やクリームを塗るときだけでなく、
お風呂の湯船の中で
足をマッサージするのもおすすめですよ。

血管を拡張させて血流を促進する目的で、
ビタミンEを豊富に含んだ食べ物を
含有していることがあります。

ビタミンEは抗酸化作用や
血行促進効果などを持っている栄養素なので、
一度にいろいろな症状を
回復させられそうです。

さいごに

あかぎれ対策のためにビタミンCやAも、
食べ続けてほしい栄養素です。

保湿クリームなどを塗るのが
一番効果があるように思えますが、
症状が改善するまでは
できるだけのことをしたいものです。








今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

足やかかとのあかぎれに効く治療法!ゲンタシン軟膏と同じ効能の薬は はコメントを受け付けていません。 あかぎれ