間質性肺炎とは?初期症状や原因は?高齢者で末期なら余命は




間質性肺炎は他の肺炎とは特徴が異なりますし、
さらに複数の種類が存在しています。

種類によって余命や5年後の生存率なども
大きく開きがある病気です。

今回は、間質性肺炎とはどんな病気なのか、
初期症状は発症原因などについて取り上げます。

間質性肺炎の原因・初期症状

koureisya

間質性肺炎とは、間質という肺胞の壁が
炎症になって発症する病気です。

通常の肺炎は、肺胞の内部が細菌感染などにより
炎症になった状態です。

間質性肺炎の発症原因は、
ペットの毛やカビ、石綿などの粉じん、
金属粉などを日常的に吸っていることなど
があげられます。

漢方薬の小柴胡湯などのサプリメント、
風邪の市販薬などの飲み過ぎ、放射線、
インフルエンザなどのウイルスも
原因と考えられています。

間質性肺炎を発症したときの初期症状は、
痰がない乾燥気味の咳や、呼吸困難です。

静かに過ごしているときは呼吸が苦しいと
感じることはありません。

坂道や階段をのぼるときなどに、
うまく呼吸を吸うことができないと
息苦しく感じるでしょう。

間質性肺炎は、さらに複数の種類に
分かれており、余命や末期の生存率なども
それぞれ異なります。

通常型間質性肺炎の場合は
平均余命が5~6年、発症から5年後に
生存している割合は約32%です。

急性間質性肺炎の平均余命は1~2カ月、
5年後の生存率は約38%です。

剥離性間質性肺炎の平均余命は12年、
5年後の生存率は約73%と他より高めです。

高齢者の間質性肺炎発症、末期なら余命は・・

2016-04-14_221828

知人のおばあさんは、
病院で診察を受けて間質性肺炎だと
診断されました。

症状は、よく咳をするようになったり、
以前よりむくむようになったり、
痰がからんだりなど複数でています。

間質性肺炎を発症すると、
手足がむくむことがあるようですね。

高齢者ということで、
完治を目指すというよりは
病気と上手につきあっていく方向で
治療が進められているということです。

症状が辛そうだということで、
その様子を見ている知人もとても辛そうです。

間質性肺炎は難病に入るそうで、
特にしてあげられることがないことは
発症しているご本人はもちろんのこと
周囲も疲れているようでした。

間質性肺炎といっても、複数の病型がありますが、
そのほとんどは原因が解明されていません。

原因さえわかれば、今よりもっと治療法が
見出せそうですが、間質性肺炎は他の肺炎と
比べても難しい病気とい続けられているのが現状です。

本人も家族も希望を捨てないで前向きに!

2016-02-11_145923
間質性肺炎のどの種類を発症しているのかが、
回復の期待につながる病気のようです。

診察していただいているお医者様に、
直接聞くしかありません。

しかし、種類によっては間質性肺炎でも
期待が持てるものもあるということなので、
できる限りのことはサポートしていきましょう。

気持ちだけは強く持って、
できることから始めていきましょう!

■間質性肺炎では合併症が危険!

2016-04-14_221852

間質性肺炎になったからと言って
すぐに余命わずかというわけではありません。

しかし、間質性肺炎の患者が
最も注意しなければならないのは、病気を併発させないことです。

・肺がんをはじめとするガン
・糖尿病や高血圧病などの生活習慣病
・風邪などの日常的な病気

これらを併発してしまうと
間質性肺炎の治療薬が使いにくくなってしまい、症状が一気に悪化してしまいます。

重症化すると肺線維症にまで進行して、
心不全になる危険性もあるので、直接的に余命に関わります。
ですから、併発しないように十分ケアする必要があります。

ただ良くないことに・・・

間質性肺炎と肺がんは併発率が高く、
患者さんの5〜15%は肺がんを併発率してしまうというデータがあるんです。

肺がんと間質性肺炎を併発すると、
間質性肺炎の治療を優先することになりますが、治療薬は使いにくくなります。

また、肺がんに対する抗がん剤や放射線照射などの治療はできなくなってしまい、
その間どんどん進行することになってしまうのです。

ですから、間質性肺炎と肺がんを併発すると余命が短くなってしまうのです。

■事前に発症しやすい病気がわかればいいのに・・・

2016-04-14_221753

間質性肺炎の患者さんやご家族の方が思うのは、
発症する前にかかりやすい病気がわかればいいのに・・・ということ。

そうすればその病気がすでに発症していないか検査することで
初期段階で治療を施すことができます。

また、かかりやすい生活習慣病がわかれば
普段の食事だって最適なけあを見つけることができますよね。

でも、遺伝的な要素も強い「生まれつきかかりやすい病気」
というのは、病院の通常の検査では分からないんです。


そうなると、何がかかりやすい病気か分からない中で、
あらゆる病気の心配をしなければならないという状態
になってしまうんです。

これでは、間質性肺炎の患者さんご本人はもちろん、
ご家族の方も精神的に参ってしまうことも多いようです。

それこそ身体に良くない精神状態になってしまうんです。

■遺伝子検査で最大150の病気の発症リスクが手軽に調べられる!

2016-02-11_144210
間質性肺炎の患者さんご本人やご家族の方に知っていただきたい。

今は「遺伝子」に関する技術革新がかなり進んでいます。

『遺伝子検査』によって、肺がんや胃がんなど複数のガン、
糖尿病や高血圧病などの生活習慣病、最大150もの病気の発症リスクを事前に知ることができるんです。


細胞を採取してDNA情報を読み取り、
かかりやすい病気や体質など遺伝的な傾向を知ることができるんです。

発症しやすい病気があらかじめ分かっていれば、
それらが間質性肺炎と併発しやすい病気ということ。

ですから、その病気の検査を優先したり、普段の食事もその病気に適したケアができますよね。
【公式ホームページで詳しく!】


■実際に遺伝子検査をしました!実体験レポ

2016-04-14_222030

実は祖父が肺がんになったのをきっかけに、
私も遺伝子検査で調べてもらったんです。

やはり、ガンや生活習慣病など病気や疾患については、
遺伝的な要素が多いと聞かされていたからです。

私自身のことも子供や家族のことも心配になったんです。

検査結果はしっかりとレポートされて、
疾患ごとに発症リスクを数値で表してくれるので
非常にわかりやすかったです。

2016-04-14_222315

もっと小難しい報告書かもと思っていたんですが、
視覚的に理解できる、見やすいレポートでじっくり読んでしまいました。

主婦として助かったのは、ガンや生活習慣病をはじめとする
病気の発症リスクがわかるだけでなく、専門家が監修した
予防法や生活改善のためのレシピまで載っているんです。

2016-04-14_222402

おかげで、自分や家族の発症リスクの高い病気に対して、
効果的な予防法や改善の食事ケアをピンポイントで取り組むことができました。

「普段の運動や食事が大事」というのはよく言われますが、
具体的に何をすればよいのか分からないことありませんか?

それにアレもコレもと手を出しても継続できないですよね。

そうではなくて・・・

自分や家族の病気の発症リスクが高い病気の
予防法や食事ケアだけを集中して行うんです。

絞り込むからこそ続けられるというのが私の実感ですし、今もしっかり続けられていますよ。

【永久保存版!結果を冊子で届けてくれるサービスもあります♪】


■遺伝子検査って自宅で専用キットに唾液を採取するだけでできるんだ♪

私自身、友人から遺伝子検査というのを教えてもらった時、
病院に行って高額な料金を払うものと思って敬遠していたんです。

でも今は、専用キットを取り寄せて、
自宅で唾液を採取して郵送するだけで遺伝子検査のレポートが届く。

本当に手軽にできるんです。

これには私も本当に驚きでした。
もちろんレポート内容は前述のとおりとても充実しています。

■ガン保険や発症後の医療費を考えたら断然お得でした♪

2016-02-11_144335
この遺伝子検査の専用キットですが、
通販で3万円程度で購入できます。

主婦としては「3万円」とだけ聞くと高額に思ってしまいます。
でも、ちょっと考えてみたんです。

今、ガン保険に加入してて月に8,000円くらい、年間で10万円ほど。

もし遺伝子検査でガンの発症リスクが低ければ、
保障内容を見直して保険料を下げることもできます。

逆にガンの発症リスクが高ければ、
今のガン保険は無駄じゃないとわかりますよね。

また、遺伝子検査をして発症リスクの高いガンや生活習慣病を
事前に予防できるようになったら、病気になる可能性をグッと下げることができるかもしれません。

遺伝子検査で、あなたの発症リスクが高い病気、疾患ごとの予防法や食事ケアを教えてくれるからです。


2016-04-14_223056

病気にもかからなければ、それこそ
高額な治療費の出費をしなくて済みますし、
あなたも家族も悲しい思いをする可能性だって下げることができるんです。

高額な治療費がかかって家計が一気に傾いてしまう
というのは良く耳にしますし、何よりあなたや家族が病気になったら
笑顔で幸せな毎日を送れなくなってしまいます。

「あなたと家族の幸せな毎日を守る」ための遺伝子検査だとしたら、
3万円って異常なほど安価だと思いませんか?

病気が発症してから治療費をかけるより、
事前に調べて予防した方がずっと良いにきまっています。



【東京・神奈川の方は今なら40%OFFのチャンス!】

上記公式ホームページで見られる
実際に遺伝子検査を受けた方々の口コミも参考になりますよ。

■間質性肺炎の患者さんもご家族も、遺伝子検査を検討してみては?

2016-04-14_223305

間質性肺炎の患者さんは、ガンや生活習慣病を併発すると
治療の選択肢が一気に狭まってしまい命に直結してしまう
可能性があります。

また、遺伝的な要素もありますからご家族の方も注意が必要です。

それらの発症リスクを客観的に調べられるのが、遺伝子検査です。

病気ごとの発症リスクと、
それに応じた予防法と食事ケアなどを専門家監修の情報としてレポートしてくれます。

私は、この遺伝子検査を受けて
自分や家族の発症リスクと最適な予防法や食事ケアが分かって本当に感謝しています。

逆に、「病気の予防に興味ないし、食事も夜更かしも好きに生活したい」
という方にはオススメしません。

でも、将来、発症してしまった時に「もっと事前にケアできていたら・・・」と後悔だけはしないようにしていただきたいです。
日本人3人に1人はガンになり、生活習慣病になる人口も年々増加しています。

「自分も家族も将来悲しい思いをしたり高額な治療費で家計を傾けたりしないために、
今からできる予防法や食事ケアをしていきたい」という方には、ぜひ遺伝子検査をオススメいたします。

下記に公式ホームページのリンクを載せておきますので、
あなたと家族の将来を守りたいとお考えの方は、一度ご覧になってみてください。

実際のレポートイメージや購入者の口コミが豊富に載っているので、
読むだけでも勉強になりますよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【公式ホームページで詳しく勉強♪】











今話題のこちらもよろしければぜひ♪

たとえ絶世の美女でも、男性が耐えられないニオイNo.1はココの臭いだとか。最近パートナーに求められてない・・という方はチェックすべし!
デオシーク

制汗スプレーしてるから大丈夫だって!? 体臭をナメないでください。体臭ケアをしてる人の約60%が、不快レベルの悪臭を放っているとか。本人だけが気づかずに。
デオシーク

肌ケア商品を試しても小ジワが増えてるって!? それなら医薬品を試すべき。医薬品は効果・効能が厚生労働省から認められているのが化粧品との決定的な違いです。


加齢とともに体幹の筋肉が衰え、自然と消費されるエネルギーは減る。だから歳を重ねると太りやすく痩せにくい。じゃあ体幹の筋肉を戻すには・・?筋肉をつくる栄養素をサプリで摂ると、ただ筋トレするより31倍も効果的なんだとか。


重力には逆らえません。垂れ乳になりたくないなら、寝てる間の横流れからバストを守ってあげましょう。安いカパカパのナイトブラと、美容外科医と共同開発したナイトブラ。どちらで大事なバストを守ってあげますか?

間質性肺炎とは?初期症状や原因は?高齢者で末期なら余命は はコメントを受け付けていません。 間質性肺炎